原爆の図丸木美術館へのご寄付を受け付けています
PROJECT NAME

都度の寄付

原爆の図丸木美術館は1967年の創立以来、全国の皆様の温かいご協力に支えられて維持運営を続けてまいりました。

作品の保存管理、画業の整理・研究など多くの課題を抱えながらですが、世界に誇る平和美術館としてより多くの人々と結びつき、維持発展して行きたいと思っています。どうぞご支援をよろしくお願いいたします。

原爆の図丸木美術館とは

原爆の図丸木美術館は、画家の丸木位里・丸木俊夫妻が、
共同制作した「原爆の図」を、誰でもいつでもここにさえ来れば見ることができるように
という思いを込めて建てた美術館です。

丸木位里、丸木俊は、被爆直後の広島の廃墟に立ち、そこで見たこと、聞いたことをもとに地獄のような光景を「原爆の図」に描きました。また、人間の手によって引き起こされた戦争を初めとする数々の暴力を告発し続けてきました。

そして、ふたりの活動を支援し、ふたりの作品を通して平和について共に考える人々の支援の輪が、長年にわたりこの美術館を支えてきました。丸木位里は1995年に、丸木俊は2000年に亡くなりましたが、夫妻を失った後もこの場を守り、「原爆の図」を伝えたいという想いによって、丸木美術館は運営を続けることができています。

運営支援のご寄付を受け付けています

丸木夫妻の作品と、平和への想いを次の世代に繋げていくために、美術館の維持運営を支えていただくご寄付を受け付けています。

【クレジットカード決済】

1000円~ご希望の金額をお決めいただけます。

領収書の発行はPDFデータでお送りいたします。(郵送をご希望の場合は申込時のコメント欄にご記入ください)

※原爆の図丸木美術館は公益財団法人です。当美術館へのご支援は、税額控除の対象となります。

 

皆様の温かいご支援に、心から感謝申し上げます。

寄付をする
寄付募集元
原爆の図丸木美術館