社会貢献活動発展の為に寄付を募集しています
PROJECT NAME

はまじぃの家の社会貢献活動にご協力をお願い致します

はまじぃの家では「捨てない社会」を目指して、飼い主様のサポートをしております。
悲しい思いをする動物達を減らすには、「最期まで責任をもって飼う」という根本的な部分が出来るかどうかにかかっていると考えています。
当たり前だけど、出来ない。。。その結果が現在の保護犬、保護猫の数に反映されていると考えます。

3つの「こうけん」

●ろうけんにこうけん
 要介護になった老犬を日中に無料でお預りし、飼い主様の介護への負担を軽減させる取り組みです。

●アニマルヘルパーにこうけん ※現在準備中※
 要支援の飼い主様に代わってご自宅でのペットのお世話を無料でサポートする取り組みです。

●しあわせにこうけん
 飼い主のいなくなった動物たちの里親探しをする取り組みです。

 

 

代表者の思い

近年、動物の殺処分数は大幅に減少しています。
その背景には動物保護団体や個人の方々によって保護され、
命を救われたケースが増えたおかげだと考えています。
では、果たして飼い主から捨てられる動物の数は
減っているのでしょうか?

動物保護施設で従事していた時、
保護すれば簡単に解決しているように感じる問題も
本当は根本的な解決にはなっていないと感じていました。
問題の発生源を何とかしないと殺処分数は減っても
捨てられる動物は減りません。

伴侶動物にとっての幸せは愛する家族(飼い主)と
最期まで一緒にいることだと私は考えます。
飼い主から見放された動物たちの気持ちを考えると
胸が張り裂けるような気持ちになってしまいます。

捨てる理由は様々です。
でも、その理由の中には私たちが少しお手伝いする事で
捨てることなく、人も動物も幸せに暮らしていけるよう
に解決出来る道があるのではないかと考えています。

私は人も動物も好きです。
人のために、動物のために自分の出来ることを
やりたいと思っています。

そして「世の為、人の為、動物の為」の活動であっても
寄付に頼って活動することの難しさを知っています。
営利事業の基盤を確立し、非営利事業である社会貢献活動を
安定した形で運営する事が私の考える理想です。

ですが、もしご寄付という形でご支援いただければ
より多くの動物や飼い主様の手助けが出来ると考え、
ご寄付を募らせていただく事に致しました。

皆様のご支援をどうかよろしくお願い致します。

一般社団法人はまじぃの家
代表 加賀爪 啓子

ご支援の使い道

皆様から頂いたご寄付は下記の費用に使わせていただきます。

 ■アニマルヘルパーにかかる交通費や車両費等の費用
  (ご支援が増えるとヘルパーにお伺い出来る件数が増えます)

 ■保護動物のごはん、おむつ、治療費及び里親募集にかかる費用

 ■4つ目、5つ目の「こうけん」活動への準備費用

 

皆様から頂きましたあたたかいご寄付は大切に使わせていただきます。

寄付をする
寄付募集元
一般社団法人はまじぃの家